クリニックの理念診療内容創傷治療法巻き爪療法医師紹介チーム医療スタッフ募集所在地
名古屋市瑞穂区の脳神経外科 野々村クリニックの理念


予防から術後のフォローまで、医療・介護をトータルで考えたワンストップケアを行っています。
医療と介護を分けることなく一体的なサービスを心掛ける・・・・
これが、野々村クリニックが掲げる理念です。


長年、脳神経外科医として脳卒中の急性期治療に携わり、多くの患者さんが日常生活へ戻っていかれるのを見守る一方で、術後に麻痺が残った患者さんからは、『なぜ、助けたんだ』と言われた事もあります。

『開業医として自分は何をすべきなのか・・・』
自らの経験を踏まえて考えた末に行きついたのが、脳卒中の予防や術後の運動回復機能、すなわち急性期治療前後の対応でした。
野々村クリニックでは、医療・介護のワンストップサービスを実現するために力を注いでいます。
    生活習慣病の管理    
  リハビリ 脳ドック  
  訪問診療 ケアプラン作成  


専門性を生かし、様々な脳疾患に幅広く対応します。
医療と介護に等しく力を入れる一方、脳に関する専門性を生かした医療も積極的に推進しています。
脳ドック 頭痛外来
ただ、現在のクリニックではできることにも限界があるため、病診連携が欠かせません。例えば、脳腫瘍など生命に関わる二次性頭痛が見つかった場合は、速やかに大学病院や基幹病院へ紹介します。

名古屋市瑞穂区の脳神経外科 野々村クリニック 院長略歴 院長の紹介はこちらをご覧下さい。>>>
  野々村クリニック 院長 野々村一彦
院長 野々村一彦

【認定医・専門医】
医学博士
救急医学会 認定医
日本脳神経外科学会 認定医
日本頭痛学会 専門医


充生会−フルライフの理念を象徴したロゴマークです。
↑クリニックの理念を象徴したらくだのマーク。2つのこぶしを”医療” と ”介護” に見立て、その2つを背負って地域医療に貢献したいという思いが込められています。


↑リハビリスペース。
十分な床面積に加え、豊富な器具が取りそろえられており、大学病院に紹介した患者さんの多くは、治療後、ここでリハビリに取り組むことになります。

このページのTOPへ

瑞穂区白砂町の脳神経外科 野々村クリニックの診療内容

脳神経外科・リハビリテーション科   内科・外科
脳卒中や脳疾患後などの急性期治療 前後 の対応を行っております。

急性期治療 前
  脳ドックによる早期発見/初期の脳動脈瘤の経過観察など
急性期治療 後
  術後の回復期リハビリテーション/再発予防の指導など

野々村クリニックは、日本脳ドック学会が定める脳ドック認定施設です。>>>
  4名の医師による総合的な診断で、より正確な診断と治療を心がけています。

特に三大生活習慣病の 『高血圧症』 『糖尿病』 『高脂血症』については脳卒中・心筋梗塞に深く関わりがあるため、早期診断と適切な治療、分かりやすく具体的な生活指導を行います。
※名古屋市特定健診および特定保健指導を実施しています。

さらに、外傷や熱傷・褥瘡に対する湿潤療法を導入し、皮膚移植等が必要だったヤケドや傷を、手術することなく治療することが可能となりました。気になる症状のある方は、お気軽にご相談ください。
※形成外科医(森本剛医師)の指導のもと、相談可能な体制を整えております。
頭痛外来  
命に関わる危険な頭痛を除外した上で、適切な投薬治療と生活習慣指導により、頭痛の改善を患者さんと共に目指します。
頭痛外来はこちら>>>
 
心療内科  
脳卒中・脳疾患後に併発することが多い『気分の落ち込み(うつ状態)』に対して、患者さんのお気持ちに寄り添った診療を行っております。  
このページのTOPへ

新しい創傷治療−湿潤療法

湿潤療法とは 湿潤療法は、傷を乾燥させて治す従来の方法とは異なり、ケガをした部分をガーゼの代わりに特殊なシートで覆い、傷が治りやすい適度な湿り気がある状態(=湿潤状態)にして早く治す治療法です。

傷を負うと皮膚からはジュクジュクとした体液が出てきますが、この体液の中には傷を治す働きがある物質が大量に含まれていることがわかっています。その体液を乾燥させずに傷の部分に留めることで、傷を早く治して行くのです。

この治療では消毒は使用しません。消毒薬はバイ菌のタンパク質を攻撃して退治しています。人間の体もタンパク質で出来ているので、同じように傷も攻撃されてしまい傷が深くなるのです。傷のバイ菌は水道水で流せば流れてしまいます。傷は水道水で流しても全く問題ありませんので、しっかり洗ってあげることも大切です。

ただし、すべての傷が湿潤療法で治るわけではありません。傷の状態によっては縫合や手術が必要な場合や、元々かかっておられる病気の状態によって湿潤療法自体が向いていない事もあります。

湿潤療法はこれまでの治療であれば皮膚移植等が必要だったヤケドや傷を、手術することなく治療することも可能です。ぜひ一度お気軽にご相談ください。
  従来の治療法と湿潤療法の違い

湿潤療法の詳しい説明や症例は、下記のホームページで見ることができます。ご興味のある方は一度ご覧ください。
新しい創傷治療 http://www.wound-treatment.jp/
このページのTOPへ

巻き爪のワイヤー治療

巻き爪のワイヤー治療を行っています。 巻き爪とは、本来は平坦な爪が湾曲した状態のことを言います。
放置したり自己流で爪を切ったりしていると、爪が食い込んで陥入爪(かんにゅうそう)となり、化膿して非常に痛い思いをすることがあります。

巻き爪の治療法はインターネット等でいろいろ紹介されていますが、価格もまちまちですし、実際には効果が乏しいものも高価で販売されていたりします。

当院では実際に試して効果があり、ほかの方法に比べて比較的安価な超弾性ワイヤーによる治療法を行っています。

爪に穴をあけてワイヤーを通し接着剤で固定するだけですので、痛みもなく短時間で治療が終わります。治療後はすぐに日常生活が送れます。

爪が伸びてきたら数カ月に一度、ワイヤーを入れ替えます。これを爪が平坦になるまで続けます。

巻き爪でお悩みの方、ぜひお試しください。

◆一度の診察で片足の親指にワイヤーを入れた場合
ワイヤー1本 4,000円 (税別)
診察・治療代 2,000円 (税別)
合計 6,000円 (税別)

◆一度の診察で両足の親指にワイヤーを入れた場合
ワイヤー2本 8,000円 (税別)
診察・治療代 2,000円 (税別)
合計 10,000円 (税別)

※数カ月に一度、ワイヤーを入れ替える度に上記料金がかかります。

※この方法は保険診療では認められていませんので、自費診療となります。
また、いつもの保険診療の診察日に一緒に治療を行うことはできません。改めて別の日に治療を行うことになります。
  巻き爪のワイヤー治療症例写真
実際の装着画像はこのようになります。あまり目立たず装着できますよ!

オシャレをしたい方は爪の表面に出ているワイヤーの部分にビーズなどを通すこともできます。
★お気に入りのビーズをお持ちください!
このページのTOPへ


院長 野々村一彦 | 森本剛 | 米田稔 
野々村クリニック 院長 野々村一彦
少子高齢者社会を見据え、医療と介護の一体的なサービスの提供を基本理念とし、医師とスタッフが一丸となって地域医療に貢献していくことが、野々村クリニックの使命だと考えております。

略歴
昭和 59年 3月 名古屋保健衛生大学医学部卒業
平成 6年 1月 藤田保健衛生大学病院 病院(臨床)講師
平成 9年 4月 藤田保健衛生大学脳神経外科教室 医局長
平成 10年 4月 藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科学 講師
平成 12年 4月 トヨタ記念病院脳神経外科副科部長
平成 18年 9月 野々村クリニック開院

認定医・専門医   所属学会
医学博士
日本脳神経外科学会 認定医
日本頭痛学会 専門医
脳ドック認定施設
  日本脳神経外科学会
WFNS(world federation of neurosurgery)
日本内科学会日本救急医学会日本脳卒中学会
日本脳卒中外科学会・日本脳腫瘍外科学会
日本脳出血学会・日本頚部脳血管治療学会
日本神経内視鏡学会日本脳ドック学会
有限責任中間法人 日本頭痛学会

論文
・機能的予後からみた脳出血の手術適応(高気圧酸素装置による)
・脳神経外科領域におけるCT透視法の臨床応用
・第1回 脳出血研究会(現:日本脳出血学会):事務局運営
 
野々村クリニック 院長 野々村一彦
野々村クリニック
院長 野々村 一彦


野々村クリニック 森本剛
【所属学会】日本形成外科学会、日本褥瘡学会。
平成25年4月より2年間、脳神経外科研修をかねて、湿潤療法、形成外科としてご活躍されましたが、さらに研鑚をつまれるため平成27年4月より、他施設で専従されることになりました。
引き続き、当院の湿潤療法等のオブサーバーとして緊密に連絡をとりながら各担当医により治療対応を継続いたします。


野々村クリニック 森本剛
脳神経外科認定専門医(認定番号 7741)  藤田保健衛生大学卒業後、同大学付属病院、トヨタ記念病院にて勤務。
現在は訪問診療施設の運営をしながら、脳動脈瘤クリッピング等の脳神経外科手術一般を行っております。
頭痛診療にも積極的に取り組んでおります。
このページのTOPへ

名古屋市瑞穂区の脳神経外科 野々村クリニックのチーム医療について

脳の疾患に対応する際は、患者様やそのご家族の背景をきちんと把握することが重要になりますが、それには、スタッフのチームワークが不可欠です。

野々村クリニックでは、受付スタッフ、看護スタッフ、ケアマネジャー、理学療法士、放射線技師、インストラクターが連携を密にし、患者様の情報を医師にフィードバックするなど、情報の伝達・漏れをなくす体制を築いています。

スタッフ一人一人が幅広い対応を心掛けることも、医療と介護の一体的なサービスを行う上で、大きな力となっています。
スタッフミーティングの様子

看護スタッフより
当クリニックの看護スタッフは、臨床経験豊富なベテランナース〜介護についても知識のあるナースなど、いろいろな場面に対応できるスタッフがそろっています。
いつも明るく、笑顔で、患者さんに接するよう、日々心がけています。
いろいろなお話を聞かせてください。ご相談にのらせていただきます。


在宅における褥瘡(床ずれ)予防と治療褥瘡(床ずれ)とは、主に圧迫によって皮膚への血行が悪くなり、その結果として皮膚に穴が開いた状態のことです。 主な発生原因としては、
  1. 圧迫
    ・活動性の低下(寝たきりでベッドから離れられない)
    ・可動性の低下(自分で体位変換できない)
    ・知覚の低下(意識レベルの低下、皮膚の知覚麻痺)
  2. 摩擦やズレ(デイサービスで車いすや椅子に座っている時にも発生します)
  3. 皮膚の蒸れ(過湿潤。オムツ内が蒸れているような状態)
  4. 皮膚の耐久性低下(低栄養状態)
  5. 関節拘縮(伸びなくなった関節の内側にもできます)
等が挙げられます。

褥瘡(床ずれ)発生のイメージ
つまり在宅や施設に入所中の方は、非常に褥瘡が発生しやすい状態と言えます。
また、一度発生すると 治りにくい状態です。そのため『予防』が必要になるのです。

褥瘡の発生原因がいろいろあるように、褥瘡の予防方法も個々の患者さんによって様々です。

当院では通院治療の患者さんだけでなく、在宅・施設入所の患者さんについても褥瘡の治療経験が豊富な医師が往診を、看護師が訪問看護を行い、一人一人の患者さんの状態に合った褥瘡予防計画を立てて、褥瘡の予防・治療にあたっております。

また訪問リハビリも行っております。活動性が向上したり拘縮が軽減されれば、褥瘡発生の危険性が減少します。

当院ではこのような多職種連携により、在宅・施設入所者の褥瘡予防・治療を行っております。ぜひケアマネジャーさんにご相談ください。
 
褥瘡(床ずれ)の症例写真
一見かさぶたが出来ているように見えますが、この黒い組織は皮膚の壊死したもので、この下には深い皮膚の穴があります。これは治っていません!

褥瘡(床ずれ)治療においては 『傷の痛みが少なく、早くきれいに治る 湿潤療法』 を行っております。処置も従来の治療より簡便で、介助者の負担も軽減されます。
このページのTOPへ

名古屋市瑞穂区の野々村クリニックはスタッフを募集しています。

野々村クリニックでは業務拡充のため一緒に働いてくれるスタッフを募集しております。
クリニックのお仕事が初めてで心配という方も、お気軽にお問い合わせください!


電話連絡後、下記宛に履歴書(写真付)をご郵送下さい。後日、こちらからご連絡させて頂きます。
〒467-0056 名古屋市瑞穂区白砂町1丁目19番地 『野々村クリニック 採用担当』まで
電話 052-831-6611(代表)
このページのTOPへ

野々村クリニック 名古屋市瑞穂区白砂町1丁目19番地 tel 052-831-6611

医療法人 充生会 野々村クリニック (併設施設:フルライフ瑞穂 tel 052-861-0701)
〒467-0056 名古屋市瑞穂区白砂町1丁目19番地  tel 052-831-6611 fax 052-861-0705

大きな地図で見る

野々村クリニックまでのルート

このページのTOPへ

トップページ
診療時間のご案内
初めて受診される方へ



診療内容・クリニック案内
クリニックの理念
診療内容
新しい創傷治療法
巻き爪治療
医師紹介
クリニックのチーム医療
スタッフ募集
所在地

脳ドック
脳ドック認定施設
MRI検査機器のご紹介
超音波診断装置のご紹介
保険適応になる検査
検査の流れ
異常が見つかった場合
術後リハビリ

頭痛外来
頭痛の治療方針
頭痛ダイアリーの活用

リハビリテーション
外来リハビリテーション
訪問リハビリテーション
誇りある人生
らくだの会健康体操
ハンドマッサージ

フルライフ瑞穂



関連リンク
プライバシーポリシー
サイトマップ